goyatane.jpg
ゴーヤの種はいろいろな品種が入手できます。


■ゴーヤ 栽培データ

英名・学名 bitter melon・momordica charantia var.pevel
形態 つる性一年草
原産地 熱帯アジア
草丈/樹高  2m〜3m
開花期 6月〜9月
花色 黄色
栽培難易度(1〜5)  2=易しい
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途  初心者向き、耐暑性が強い、グリーンカーテン向き



[ゴーヤ 種まきの時期と方法]


■栽培環境

種まきをしてから定植まで、日当たりの良い場所で管理します。
特に発芽してからは、日当たりの悪い場所で育てていると、
徒長してしまうことがあるので注意します。

まだ少し寒さが残る頃に種まきをした場合は、
気温が比較的安定していて暖かい、
室内の窓辺で管理すると良いでしょう。

発芽した後、生育温度に達しているようであれば、
戸外で管理するようにします。


■種の準備

ゴーヤはとても固い皮に包まれています。
そのため、そのまま種をまいても発芽率が悪くなってしまいます。
種まきの前に、準備をしておきましょう。


goya (1).JPG
印の尖がりを切ります


1.へたを切る
種をよく見ると、尖っている方とそうでない方があります。
この尖っている方を、爪切りなどで少し切ります。
こうすることで水が中に染みこみやすくなり、発芽率がよくなります。

2.水に浸す
ヘタを切った種を、一昼夜水に浸しておきます。
こうすることで皮を切った部分から水が中に浸透し、発芽しやすくなります。
ヘタを切って水に浸したものは、そのまま種まきに使えます。

3.さらに発芽率を上げる
ヘタを切って水に浸しておくだけでも、発芽率は上がります。

けれど、さらに発芽が確実になるように、
発根作業を行うのもおすすめです。

プラスチックのトレーなど、
穴の開いていない水を溜められる容器を準備します。

容器の底に脱脂綿やキッチンペーパーを敷き、水に浸します。
湿った脱脂綿などの上に、ヘタを切った種を重ならないように置きます。

容器の上に新聞紙などをかぶせ、光が当たらないようにしておきます。
下に敷いている脱脂綿などが乾かないように注意し、
何日かすると白い根が出てきます。

白い根が出ているものは、
根が出ている方を下にして種まきすることができます。


■種まきの方法

種まきは、充分に気温の上がった4月中旬〜5月頃が適期です。 
ゴーヤの発芽温度は25度〜30度と高いので、
まだ気温が充分にあがっていない頃に種まきをし、

寒い場所で管理していると、発芽が遅れて、
そのまま種が傷んでしまうことがよくあります。

種まきは、育てる場所に直接することもできますし、
ポットで育苗してから定植することもできます。

・直播き
直播きをするのであれば、
鉢やプランターを使った容器栽培の方が適しています。

容器の底が隠れる程度の鉢底を敷いた上に、
市販の野菜用培養土を縁から2cm〜3cmほど下まで入れます。

すでに発根させた種を使う場合は、
10cm間隔に根が見えている方を下にして1cmほどの深さに埋めます。

発根させていない種を使う場合は、5cm間隔に1cmの深さで埋めます。
いずれも種蒔きが終わったら、たっぷりと水を与えておきましょう。


goya06.jpg
発根してない場合は、5cm間隔に種まきします


・ポット播き
ポットに種を蒔き、育苗してから定植する場合は、
3号サイズのポットに種まき用の用土を入れます。

発根させている種を使う場合は、
発根している方が下にして1粒を1cmの深さに埋めます。

発根させていない種を使う場合は、
2粒か3粒の種を1cmほどの深さに埋めます。

いずれも種蒔きが終わったら、たっぷりと水を与えておきましょう。


■水やり

発芽するまでは、土が乾かないように注意します。
直播きした場合でも、
発芽するまでは当然のことながら根も張っていません。

深い場所にある湿気に根が届かないので、
水切れを起こしやすくなります。

発芽して本葉が見える頃になったら、
土の表面が乾いたら水を与える程度の頻度に下げていきます。


■間引き

・直播きした場合
直播きした場合、発芽して本葉が見えるようになったら間引きを行います。
株間が20cm〜30cmくらいになるように間引きをします。

間引きをする際、無理に抜くと残す方の根を傷めることがあります。
そんな時は、ハサミで間引く方の株を地際で切るようにしましょう。

・ポット播きした場合
複数の芽が発芽したら、本葉が出てきはじめた頃に間引きをします。
一番よく育っているものを残し、あとは抜くか、地際でハサミを使って切ります。

pot-209x300.jpg
ポット播きでは1本立ちに


■定植
ポット播きにしたものは、本葉が4枚〜5枚になったら定植の適期です。
地植え、鉢、プランターのいずれでも育てることが可能です。


■参考

・ゴーヤの種のとり方
・ニガウリ(ゴーヤ)が発芽しない理由と対策は?
・ゴーヤなどのネットのはずし方としまい方
・ゴーヤの雌花が咲かない結実しない原因は?写真つき
・ゴーヤ、地植えの育て方1 タネまきから追肥まで
・ゴーヤ、地植えの育て方2 摘芯から収穫まで
・ニガウリ(ゴーヤ)の剪定で収穫を増やす
・ゴーヤのプランター栽培のコツ
・夏野菜 種の加温は?
 カテゴリ
 タグ