Bougainvillea (2).jpg
愛媛県西予市(せいよし)の地植えのブーゲンビリア(イカダカズラ,Bougainvillea)


ブーゲンビリアは、薄いピンクから赤、紫、オレンジ、斑入りなどの、
花(苞)が美しい熱帯性のつる植物です。

ブーゲンビリアを上手に手入れし越冬させると、
毎年、美しい見事な花を咲かせてくれます。

では、ブーゲンビリアの手入れ方法のポイントをご紹介します。


■ブーゲンビリアの手入れは?

1.日当たりと温度
1年間を通して、できる限り日当たりの良い場所で育てます。

冬越しの際、室内に取り込むことが多いですが、
その時も日中は日当たりの良い窓辺などに置いて管理しましょう。

冬は、最低温度は、5℃以上を保つよう維持します。
落葉している場合は、日当たりがなくてもかまいません。


Bougainvillea (1).jpg
ブーゲンビリアの水やりにはコツがあります


2.水やり
生育期である4月〜10月の間は、
土の表面が乾いていたら、たっぷりと水を与えるようにします。

水をたくさん与え続けると、
枝が伸びるばかりで花芽がつかないことがあります。

若い枝が充分に伸びたら、葉が少ししおれるくらいになるまで、
土の表面が乾いていても水を与えないように調整します。

ブーゲンビリアは、乾湿の差を作ることにより、
花芽をつけやすくする性質があります。 


花が咲き始めたら、乾燥気味にしていた管理を、
土の表面が乾いたらたっぷり与える通常の管理に戻します。

ただし、開花中に乾燥気味にしてしまうと、
花が落ちてしまうことがあるので注意します。

冬の間は、生育がほとんど止まっている状態になります。
そのため、生育期より水を欲しませんので、水やりの頻度を減らします。

土の表面が乾いたと感じてから、
2日〜3日ほど経ってから水を与えるようにしましょう。

3.肥料
ブーゲンビリアは、あまりに多肥にしてしまうと、
枝葉ばかりが茂ってしまい花芽をつけなくなってしまいます。 


4月〜10月の生育期の間、2ヶ月〜3ヶ月に1回くらいのペースで、
緩効性の化成肥料を与える程度で充分です。

冬の間は生育が止まっているので、肥料を与える必要はありません。

4.花ガラ摘み
開花した後、傷んできた花から花ガラ摘みを行います。

傷んだ花が葉などに付着し、そこから葉まで傷んだり、
病気にかかることがあるので、花ガラはこまめに取り除きます。


Bougainvillea (4).jpg
ブーゲンビリアの切り戻し後の花


5.切り戻し
ブーゲンビリアは、新しく伸ばした枝に花芽をつけ、花を咲かせます。
一度花が咲いた後、そのまま新しい枝が伸びているようであれば、
そのまま伸ばしてもまた花芽をつけます。

ただし、伸ばし放題にしていると、つるばかりが長くなり、
肝心の花は先端にしかないということになります。

また、誘引する場所に限りがある場合に、
つるが長く伸びると、誘引のスペースがなくなることにもなります。

そのような時は、つるを切り戻ししましょう。
花が一旦咲き終わった後、2節から3節ほど残して、つるを切り戻します。

ブーゲンビリアの剪定は、初夏から8月中旬頃までにします。 

切り戻しをした後は、土の表面が乾いたら水を与えるようにし、
あまり乾燥しないように注意しましょう。

6.植え替え
鉢植えのブーゲンビリアは根詰まりしやすいので、
植え替えを2〜3年に一度、4月中旬から6月にすると良いです。

大きく育てたい場合は、ひと回り大きい鉢に、
小さ目に育てる予定なら、同じ大きさの鉢に、
軽く根鉢を崩して植え替えます。

小さ目に育てる場合、
伸びすぎた根やつるを3分の1ほど切ります。

旺盛に育っているブーゲンビリアも、
根詰まりすると枯れ込んで枯死してしまいますので、
鉢植えの植え替えは、忘れないようにしましょう。 



Bougainvillea (5).jpg
アンダルシアの紅白のブーゲンビリア


7.冬越し
ブーゲンビリアは、熱帯原産の植物の中では耐寒性がある方ですが、
それでも霜にあたったり、土が凍ったりすれば枯れてしまいます。

気温が5℃以上ある環境であれば、冬越しすることができますので、
初霜が降りる前に室内に取り込みましょう。

室内に取り込んだ後は、日当たりの良い場所に置き、
水やりを控え目にして乾燥気味に管理し、肥料も不要です。

そして、室内の環境がとても良いと、冬の間も開花することがあります。
その時は、生育期と同じように管理しましょう。

ブーゲンビリアの品種によっては耐寒性がやや強く、
関東地方より西であれば、屋外で越冬できるものもあります。
サンデリアナ(sanderiana)系が代表的です。 


◎屋外での越冬
ブーゲンビリアを屋外で越冬をする場合は、
地植えであればビニールで覆ったりマルチをします。

鉢植えであれば、寒風の当たらない場所で二重鉢にすると効果的で、
私はこの方法で、ブーゲンビリアを無事に越冬させています。

■参考 ↓お手入れ詳細は下記をご覧ください
・ブーゲンビリアの植え替え
・ブーゲンビリアの花が咲かない 5つの対処方法
・ブーゲンビリアの剪定のコツ
・ブーゲンビリアの越冬方法
・ブーゲンビリア 育て方|花をいっぱい咲かせよう!
・ブーゲンビリア 種類
・ブーゲンビリア 花が落ちるのは?
・ブーゲンビリア 葉が落ちるのは?
 カテゴリ