agapanthus (11).jpg
開花が楽しみなアガパンサス


■アガパンサス 栽培データ

英名・学名 agapanthus
形態 多年草
原産地 南アフリカ
草丈/樹高 30cm〜150cm
開花期 6月〜9月
花色 白、青、青紫、紫、複色
栽培難易度(1〜5) 2
耐寒性 強い(常緑種は半耐寒性)
耐暑性 強い
特性・用途 耐寒性が強い、初心者向き、背が高い



■アガパンサス 種からの育て方

・栽培環境
アガパンサスは、発芽するまでは、明るい日陰で管理します。
発芽した後、徐々に日当たりのいい場所に慣らしていき、
最終的には日当たりの良い場所で育てます。

夏の直射日光に当たると、葉が焼けることがあるので、
夏の間だけは明るい日陰で管理すると良いでしょう。

・種まき
種まきは、4月〜5月か9月〜10月が適期です。
2号〜3号のポットの底の穴を鉢底ネットで塞ぎ、
種まき用の培養土か、元肥の入っていない用土を入れます。

土の上に種が重ならないように3粒〜5粒置き、
軽く土をかぶせて、そっと水を与えます。

発芽するまでは明るい日陰で、あまり乾かないように管理します。
発芽して、葉が数枚になったら、
徐々に日当たりの良い場所に移動させます。

いきなり日当たりのいい場所に移動してしまうと、
葉焼けを起こすことがあるので、少しずつ慣らすようにしましょう。


agapanthus-new (4).jpg
自然にできた種*


・間引きとポット上げ
発芽したもののうち、生育の悪いものを間引きします。
様子を見ながら間引きを繰り返し、
最終的には1株になるようにします。

最初に種まきをしたポットでしばらく育てていると、
だんだんと生長して根が回ってきます。

根詰まりの状態になると、生育不良を起こしたり株が弱るので、
植え替えが必要になります。

ポットの底の穴から根が見えるようになったら、
二回り大きいサイズのポットか、鉢に植え替えます。

・定植
植え替えを繰り返し、株がしっかりしてきたら、定植を行います。
定植や植え替えは、4月〜5月か9月〜10月が適期です。

地植えの場合は、植える場所をよく耕し、
腐葉土や堆肥などをあらかじめ混ぜておきます。

水はけが悪い場合は、
赤玉土や鹿沼土などを足して調整するようにしましょう。

鉢植えの場合は、大きめの深さのある鉢を用意しましょう。
アガパンサスは根が意外と深くまで張ります。

浅鉢にせず、深いものを用意します。
鉢底から隠れる程度に、鉢底石を敷き、
その上に市販の草花用培養土を縁から2cm〜3cm下まで入れます。

植え穴をあけ、苗を植え付けます。
植え付けの後は、水をたっぷり与えておきましょう。


agapanthus-new (1).jpg
アガパンサスの花穂*


・水やり
種まき〜葉が数枚出てくるまでは、あまり乾かないように管理します。
日当たりの良い場所に慣らしてくのと同じタイミングで、
土の表面が乾いたら水を与えるように変えていきます。

ポットで育てている間は、土の量が少なく、乾きやすいです。
特に夏の間は気温も上がり、土が乾きやすくなるので、
朝に水を与えても、夕方に土をチェックして乾いているようであれば、
水をたっぷり与えるようにしましょう。

定植してからは、地植えの場合はあまり神経質に水を与える必要はありません。
アガパンサスは、どちらかというと乾燥に強い植物で、過湿には弱いです。

雨が降らない日が続いて、土がひび割れるほど乾燥している時や、
葉がしんなりしている時などは、たっぷりと水を与えるようにしましょう。

鉢植えの場合は、ポットの時と同じように、土の表面が乾いたら、鉢底から水が出てくるまでたっぷりと水を与えます。

・肥料
種まきをしてから、数枚の葉が出るまでは、
肥料を与える必要はありません。

最初にポットのサイズを上げるまでは、
2週間〜3週間に1回程度、
規定の倍ほど薄めた液体肥料を与えるようにします。

ポットのサイズを上げてからは、
4月〜6月と、9月〜10月に2週間に1回、
規定通りに薄めた液体肥料を与えます。

定植してからは、地植えの場合は4月頃と9月頃に、
少量の緩効性化成肥料を与える程度で充分です。

鉢植えの場合は、ポットの時と同様に、
4月〜6月と9月〜10月、2週間に1回、
規定通りに薄めた液体肥料を与えるようにします。


agapanthus-new (2).jpg
つぼみがぎっしり詰まった花穂*


・花が咲くまでの管理
アガパンサスは種から育てると、
花を咲かせるようになるまで3年〜5年ほどかかります。

最初の1年〜2年で花をつけなかったとしても、
それは株が花を咲かせるほど充実していないだけかもしれません。
気長に世話をして、花が咲くのを楽しみにしましょう。


■病害虫

あまり病害虫にかかることはありませんが、
アブラムシがつくことがあります。

もしアブラムシがついているのを見つけたら、
すぐに手でつぶすか、粘着テープなどで捕殺するようにします。

また、過湿による根腐れを起こすことがあります。
株がしっかりしてきたら、過湿にならないように注意して育てます。

*写真協力 
C)季節の花300 http://www.hana300.com/

■参考
・アガパンサスの植え替えは?
・アガパンサスの品種
・アガパンサスの植え替えは?
・アガパンサスの育て方
 カテゴリ
 タグ