poinsettia (1).jpg
ポインセチアの元気がないときは?


ポインセチアの元気がないときの、
原因と対処法をご紹介します。



■ポインセチア 元気がない

1.寒さに当たった
日本では、ポインセチアは、クリスマスの植物として人気がありますが、
非耐寒性で、実は寒さや温度変化に弱い植物です。

最低気温が10℃ほどないと枯れてしまうので、
戸外での越冬は日本ではまず無理でしょう。

戸外で管理していたとしても、霜がおりるようになる前に、
室内に取り込む必要があります。

霜にあたったり、冷たいに風に当たったりして寒さを感じると、
葉がしおれて元気がなくなってしまうことがあります。 


葉が少ししおれている程度であれば、
室内に避難させれば回復する可能性があります。

日当たりのよい窓辺などに置いて管理しましょう。
ただし、日が暮れてきたら窓から離すと安心です。

日の当たっている昼間は問題ありませんが、
日が暮れた後の窓辺は意外と気温が下がります。

そのため、夜間に窓辺に置いたままにしておくと、
寒さに当たったのと同じ状態になることがあります。

日中は窓辺に置き、日が暮れてきたら窓辺から遠ざけ、
15〜20℃の温度を保てれば、元気に育ってくれます。



poinsettia (4).jpg
ポインセチアの置き場は、工夫してあげましょう


2.温風に当たった
ポインセチアや植物のほとんどは、温風が苦手です。
暖房のある部屋では、暖房の風が当たるところには、
ポインセチアを置かないようにしましょう。

できるだけ温風から、遠い所に置いた方が、
ポインセチアは元気に過ごせます。 


3.水切れしている
ポインセチアを観賞して楽しむのは、主に冬ですが、
ポインセチア自体は冬の間は休眠期に入っています。

休眠期に入っていたとしても、
地上部に葉が茂っている状態なので、水分は必要とします。

葉がしんなりしてきたら、水切れのサインかもしれません。
軽い水切れの状態であれば、
水を与えれば通常の状態に戻りますので、問題ありません。

冬のポインセチアは乾燥気味に管理した方が元気に育つので、
水を与えるタイミングとしては、葉が少ししんなりしてきた頃です。 


水を与える時は、土の表面を湿らせるだけでなく、
鉢底から水がしみ出てくるまでたっぷりと与えます。

葉に水がかかるような高い位置から水を与えると、
葉にばかり水が当たってしまい、
肝心の土にまで水が届かないことがあります。

ポインセチアに水を与える際は、葉の上からではなく、
株元の土にそっと与えるようにしましょう。

また、鉢皿に溜まった水をそのままにしておくと、
過湿や病気の原因になるので、
鉢皿に残った水は、必ずその都度捨てるようにします。


poinsettia (2).jpg
乾燥しているのか、過湿なのかを見極めます


4.用土の過湿
過湿の状態が続き、根が傷んだりしても、
根腐れを起こしてしまい、元気がなくなります。

冬の間は休眠期に入っているので、
無理に毎日水を与える必要はありません。

土の表面が乾き、葉が少ししんなりしてきたら水を与えます。
休眠期以外の時期も、土の表面が乾いてから水を与えるのが基本です。 


水切れと過湿、どちらも葉の元気がなくなるという症状は同じですが、
土の乾燥具合で見分けることができます。

土が乾いていれば水切れ、
湿気ているのに葉の元気がない場合は過湿の可能性が高いです。

*ポインセチアの株が弱っている時には、
急に環境を変えたり、肥料を与えたりせずに、
少しずつ良い環境に慣らしていきます。


■参考
◎ポインセチアの育て方と越冬方法
・ポインセチア 寄せ植えを楽しもう♪
・ポインセチアの種類と特徴
・ポインセチア 長持ちのコツ
・ポインセチアの葉が落ちる理由は?
・ポインセチアの挿し木の方法
・ポインセチアの植え替えは?
・ガーデンポインセチア登場|寒さに強いので寄せ植えにも
・ポインセチア しおれる理由は?
・ポインセチアの短日処理の方法
・ポインセチアの手入れは?