habotan.jpg
ハボタンも注意しないと害虫の被害にあいやすいです


ハボタン(葉牡丹)は、キャベツの仲間ですから、
とても害虫がつきやすいです。

どの害虫もオルトラン粒剤が効果的ですが、
使用したくない場合は、下記のように対処します。 


■ハボタンの害虫対策


aomusi.jpg
◎アオムシ
モンシロチョウなどの幼虫であるアオムシは、
とても大食漢で、あっという間に株を丸裸にしてしまいます。

特にまだ幼齢の頃は、体色も葉色とよく似ている上に、
体が小さく、発見が遅れてしまうことがあります。

アオムシがつくのを防ぐ一番の防御方法は、
やはり卵を産み付けさせないことです。

苗を購入して植え付ける頃には、成虫の飛来もなくなる頃ですが、
種から育てる場合などは、防虫ネットなどをかぶせておくと、
簡単でも有効な防除になります。

また、アオムシがついているのを発見したら、
放置せずにすぐに捕殺するようにしましょう。


yotomusi.jpg
◎ヨトウムシ
アオムシと同じで、葉を食害する厄介な害虫です。
幼齢の頃は緑色をしており、
その後成長するにしたがって茶色く変色していきます。

体色が緑色の頃は、葉の裏などにひそんで食害し、
茶色くなってきたら、昼間は目立たない土の中などに身をひそめます。

夕方頃になると活動を開始し、暗くなってから食害を始めるので、
なかなか本体を見つけるのが難しくなります。

葉に食害の穴があいていたり、
糞があるにも関わらず、昼間に姿が見えずに被害が進む場合は、
ヨトウムシのしわざであることがほとんどです。

アオムシ同様、防虫ネットをして防ぐようにし、
被害が出てきたら注意深く株全体をチェックして、
本体を見つけたら捕殺します。


aburamusi.jpg
◎アブラムシ
ハボタンもキャベツなどのアブラナ科の植物なので、
アブラムシが、たいへんつきやすいです。

アブラムシ自体はすごく小さく、吸汁するといっても量はしれています。

ところが、アブラムシは繁殖力が強く、数が少ないからと放置していると、
知らぬうちに株を覆い尽くすほどに増えてしまいます。

多数のアブラムシに吸汁されれば、やはり株は弱ってしまいます。
また、すす病などの病気を媒介することもあるので、
ついているのを発見したら、必ず処置するようにします。

数が少ないうちは、粘着テープなどにくっつけて捕殺するといいでしょう。

■参考
・ハボタンのプランター栽培
・ハボタン(葉牡丹)の育て方|年末年始の購入株を毎年楽しもう♪
・ハボタンを簡単に増やす方法は?
・踊り葉牡丹の育て方は?
・ミニハボタンの育て方
・ハボタン 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・クリスマス 寄せ植えのコツ
[葉牡丹] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ