Broccoli (new).jpg
ブロッコリーを健康に育てたいですね


[ブロッコリー 枯れる理由は?]

葉に黄色い斑点ができたり、変色してちぢれてきた場合、
病気にかかっている可能性があります。 



■べと病

葉に薄い茶色〜黄色っぽい不揃いの斑点ができます。
斑点は少し凹んだようになっており、葉の裏側を見ると、
斑点の箇所がカビたようになっていることがあります。

これはカビの一種である菌が侵入し、繁殖して起こる症状です。
初期の段階であれば、特定の薬剤を使って治療することができます。

発生・繁殖する気温は20℃程度と、冷涼な気候を好みますが、
湿度が高い場合に発生しやすいですので、
過湿や蒸れの状態を作らないように注意しましょう。


■黒腐病

葉の周りが黄変し、乾燥したようにちりちりになり、
そのうち枯れてしまいます。

雨や水やりなどで土が跳ね返り、
葉の裏などに付着したところから感染することが多いです。

種子からも感染するので、種から育てる場合には、
消毒済みの種子を使うようにしましょう。

連作することでも発生率が上がります。
1年〜2年はあけて育てるようにしましょう。

また、ハムシなど特定の害虫から感染することもあるので、
害虫対策も必要です。


■軟腐病

ブロッコリーが腐ったように枯れてきたら、
軟腐病という病気にかかっている可能性が高いです。

花蕾が黒く腐ったようになり、異臭を出すようになります。
病気がすすむと、辛いだけでなく、茎などにも症状が出始めます。

雨などで土が跳ね返り、葉の裏にそれが付着し、
そこから菌が侵入して感染することが多いです。

また、湿度の高い環境でも起こりやすいので、
風通しをよくし、適湿を守るように水やりを調整します。

さらに、多肥にしてしまうと、症状を進めてしまうことがあります。
特に、窒素過多になると株が軟弱に育ち、
余計に感染しやすくなるので注意しましょう。

………………………………………………………………………………

葉が虫食いのようになり、そのうち枯れる場合は、
イモムシ、アブラムシなど害虫によるものです。 



yotomusi.jpg
ヨトウムシ

aomusi.jpg
■ヨトウムシ・アオムシ

ヨトウムシやアオムシといった、
イモムシが葉などを食害してしまうことがあります。

ごく初期の頃であれば、捕殺して被害を抑えることで、
枯れることまでは防ぐことができます。

卵は1つだけ産み付けられるということはまずありません。
特にヨトウムシは、一か所にまとまってたくさんの卵を産み付けるので、
気付いた時には丸裸にされてることもあります。

食害されて葉の数が減ることで、
光合成ができなくなり、株が弱って枯れてしまうので、
よく観察して被害が出ていないかを確認しましょう。

専用の薬剤を使って防除するのも有効ですし、
見つけ次第捕殺するのも有効な手段です。

また、定植した後、防虫ネットなどをかぶせておくと、
卵を産み付けられる可能性が格段に下がります。


sinkuimusi.jpg
C)Rasbak http://commons.wikimedia.org/wiki/User:Rasbak?uselang=ja
■シンクイムシ

シンクイムシは、ヨトウムシやアオムシとは少し違い、
株の生長点を狙って食害してきます。

最初は外側を食害しますが、
だんだんと内側に入ってきて、軸の中まで食害するため、
食害された植物はそれ以上生長できなくなってしまいます。

ヨトウムシなどとは違い、葉ばかりを食害するわけではないので、
発見が遅れてしまいがちです。

シンクイムシ自体を発見した場合は、ただちに捕殺するようにしましょう。
また、卵を産み付けられないようにするため、
定植した際に防虫ネットなどをかけておくといいでしょう。


aburamusi-b2d04.jpg
■アブラムシ

植物を育てる上で、アブラムシは切っても切れない害虫です。
ゴマ粒より小さな体をしていますが、繁殖力が強く、
あっという間に株全体を覆ってしまうことも少なくありません。

アブラムシは、植物の葉や茎から汁を吸って生きています。
1匹1匹は小さく、吸汁する量もたいしたことないと感じるかもしれませんが、
数が増えればそれだけ栄養をとられてしまい、植物は弱ります。

また、病気を媒介することもあるので、
見つけたら早めに対処するようにしましょう。

アブラムシがつているのを発見したら、
数が少ないうちに粘着テープなどにくっつけて捕殺しましょう。

専用の薬剤で防除することもできますし、
防虫ネットをかぶせることでもある程度は防ぐことができます。

■参考
・ブロッコリーの蕾が小さい理由は?
・ブロッコリーの脇のつぼみ(花蕾)は収穫できる?
・すずなりブロッコリーの育て方と利用方法
・スティックブロッコリーとは?
・ブロッコリーの育て方|甘くおいしく多収穫!
 カテゴリ
 タグ