momi-new (5).jpg
モミの木、どんどん高くなります


■モミの木 剪定

1. モミの木 剪定方法は?
モミの木は、枝先から新しい芽を出して生長します。
枝や幹の途中から芽を出すことが少ないので、
刈り込みには向かない木とされています。

特別な剪定をしなくても、自然にまかせておけば、
それなりにキレイな樹形を保つことができます。

とはいえ、まったく何も剪定せずに放置していると、
枯れこんだ部分が出てきたり、枝が混みすぎることがあります。

モミの木の樹形を少し整えたり、
混んでいる枝を間引くような剪定は行うようにしましょう。

モミの木の生長が緩慢になる11月〜3月頃が、剪定の適期です。
まずは、暑さや蒸れによって枯れこんだ枝を根元から切ります。 


次に、枝が混みすぎている部分の中で、不要な枝を根元から切ります。

最後に全体を見て、伸びすぎて樹形を乱している枝などを、
形を作るように軽く剪定します。

モミの木は刈り込みには向いていませんが、
軽い剪定をすることでキレイな樹形を保てるので、ぜひ挑戦してみましょう。

また、剪定した後など、枝に枯れた葉や枝を積もったままにすると、
そこに害虫がすみついてしまうことがあるので、
きれいに取り除いておきましょう。


momi-new (1).jpg
モミの木の新緑


2. モミの木 高さを抑える剪定は?
モミの木は、基本的には自然に任せておいても樹形を保つことができます。

けれど、元々30m以上にもなる高木ですから、
育てているうちに手におえない高さになることもあります。

刈り込みに向かない木ですが、そのまま放置していると、
電線にかかってしまったり、隣家に迷惑をかけることもあります。
自分の好みの高さにする剪定を行いましょう。

剪定を行うのは、生育が緩慢になる11月〜3月が適期です。
木の一番上にある主幹を、思い切って切ります。 


モミの木の主幹を切ることにより、それ以上主幹は伸びなくなります。
そのままの状態でもいいのですが、頂点の枝がなくなったことにより、
てっぺんが平らな状態になってしまいます。

どうしても気になる場合は、主幹のすぐ下に伸びている枝を、
紐などを使って引っ張り、上に向かせて主幹の代わりにし樹形を整えます。

*モミの木の写真2点 C)季節の花300 http://www.hana300.com/

■参考
・モミの木の育て方 栽培方法
・モミの木 鉢植えの育て方
・モミの木 室内栽培は可能?
・モミの木 枯れる理由は?
・ゴールドクレストの育て方
・ポインセチアの育て方と越冬方法