momi-new.jpg
育てているモミの木が枯れたらショックです!


■モミの木 枯れる理由は?

1.乾燥し過ぎ
一年草などの草花に比べれば、
モミの木も木なので乾燥にはある程度耐性があります。

けれど、あまりに乾燥させてしまうと、根を傷めることになります。
地植えの場合であれば、植え付けた後しばらくして、
しっかりと根付いていれば、降雨だけでも過ごせることが多いです。

ただし、真夏など気温が高い時期は、土が乾燥しやすくなりますので、
長い間雨が降らないなどで土が乾燥している時は、
たっぷりと水を与えるようにします。

鉢植えの場合は、地植えに比べると土の量が制限されているため、
すぐに乾きやすい環境です。

真夏はもちろんのこと、他の季節でも、
土が乾きすぎないように注意します。

土の表面が乾いていたら、
鉢底から水が出るまでたっぷりと与えるのが基本です。


momi-new (3).jpg
樹に元気がない、黄ばんできたら、要注意です


2.過湿
土が乾燥しすぎないように気を使うあまり、
過湿の状態になってしまってはいけません。

土がまだ湿っているにも関わらず、
毎日水を与えてしまうと、過湿の状態になって根が傷みます。

また、鉢植えで育てている場合、鉢皿などで受けていると、
水やりをした際にそこに水が溜まります。

鉢皿に溜まった水をそのまま放置しておくと、
常にじめじめとした環境になり、これも過湿になってしまいます。
鉢皿に残った水は、その都度捨てるようにしましょう。

3.夏の暑さと日差し
モミの木は、耐寒性は強いですが、
暑さや強い日差しには弱い性質があります。

本来は日光を好みますが、
夏の間だけ風通しの良い、
半日陰などの環境を作ると元気でいてくれます。

鉢植えの場合は、鉢ごと移動させることができるので簡単です。
地植えにしていて、株自体を動かせない場合は、
遮光ネットや簾などを使って、半日陰の環境を作ってあげましょう。


mosyo.jpg
夏の暑さと直射日光が苦手です


4.日光不足
モミの木はとても日光が好きな木です。
夏の間は、暑さに弱いことから半日陰で管理する方が無難ですが、
それ以外の季節は日当たりの良い場所で育てます。

クリスマスに楽しむために、購入したモミの木を、
室内で管理することも多いかと思いますが、
年中室内に置いていると、日照不足で枯れてしまいます。

クリスマスの時期のみ室内で楽しみ、
それ以外は必ず戸外で管理するようにしてください。

*モミの木の写真2点 C)季節の花300 http://www.hana300.com/

■参考
・モミの木の育て方 栽培方法
・モミの木 鉢植えの育て方
・モミの木 室内栽培は可能?
・ゴールドクレストの育て方
・ポインセチアの育て方と越冬方法
 カテゴリ
 タグ