Monstera (2).jpg
モンステラは、夏は明るい日陰が好きです、冬は明るい窓辺か室内に


■モンステラ 冬の管理は?

モンステラは、苗が大きく育っていれば、耐寒性も少し強くなりますが、
苗が小さいうちは、寒さにたいへん弱いです。

耐寒温度は5℃程度といわれていますので、
室内で管理していたとしても、寒さや水やりに気遣いましょう。

モンステラの冬の栽培時には、特に下記のことに注意します。

1.水やり
モンステラを上手に冬越しさせる最大のポイントは、水の管理です。

高温多湿の環境を好むモンステラですが、土が過湿の状態を嫌います。
特に、冬の間は気温も低く乾燥しにくくなり、むやみに水を与えてしまうと、
すぐに過湿になり、根腐れを起こしてしまいます。

冬の間は、土の表面が乾いてから2日〜3日ほど経ってから、
鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えましょう。

モンステラや鉢の大きさにもよりますが、
1ヶ月に2〜3回の水やりでじゅうぶんでしょう。

鉢皿や鉢カバーに水が溜まった状態にしておくと、
そこから冷えてしまうこともある上に、常に湿気て根腐れを起こしやすいです。

水を与えた後、鉢皿などに溜まった水は、その都度捨てるようにしましょう。


Monstera (3).jpg
モンステラは、冬季に水を遣り過ぎて枯らすことが多いです


2.置き場所
耐寒温度は5℃ですが、できるだけ明るい場所で、
人が生活している部屋に置くようにします。

ただし、冬の窓辺は、夜になると、
戸外と変わらないほど空気が冷えてしまいます。

昼間は、明るい窓辺に置き、日が暮れてきたら、
窓から離しておくようにするのが最適です。

3.暖房
冬は室内で暖房器具を使うことが多いですが、
直接暖房器具からの熱を受ける場所は避けるようにします。

ヒーターやエアコンの熱風が、直接当たる場所に置いてしまうと、
葉が乾燥してしまったり、土が高温になってしまうことがあります。

必ず、熱風が直接当たらない場所に置くようにします。

4.葉の手入れ
夏の間であれば、ときどき葉水を与えるなどしますが、
冬の間はあまり必要ありません。

夏の間は戸外で管理していたとしても、
冬の間は室内で管理することが多いです。

うっかりしていると葉にほこりが溜まってしまうことがあるので、
葉水を与えるのと同じように、ときどき葉の表面を拭いてあげます。

小さな観葉植物がたくさんあるのなら、
軍手をして撫でてあげると効率が良いです。

■参考
・モンステラの増やし方は?
・モンステラの育て方 詳細版