mominoki (5).jpg
クリスマスシーズンになるとモミの木がたくさん売り出されます


■モミの木 栽培データ

英名・学名 momi fir・abies firma
形態 高木
原産地 北半球
草丈/樹高 30m〜40m
開花期 4月〜6月
栽培難易度(1〜5) 3
耐寒性 強い
耐暑性 普通
特性・用途 耐寒性が強い



■モミの木 鉢植えの育て方

・栽培環境
モミの木は耐寒性がありますが、
日当たりと風通しの良い場所を好みます。

壁などに枝葉が触れると、そこが枯れたようになることがある上に、
大きく育つので、できる限り開けた場所で育てると良いでしょう。

暑さにはあまり強くありませんので、
夏の間だけ半日陰に移動させるなどしましょう。

モミの木は西日が苦手で、葉焼けを起こし、枝が枯れこむことがあるので、
西日の当たらない場所で管理しましょう。


mominoki (2).jpg
モミの木は、とても大きく生長するので鉢植えでの育成をお勧めします


・植え付け
鉢植えの状態を購入したのであれば、
根詰まりさえしていなければそのまま育てても問題はありません。

鉢が狭い場合は、2月〜4月が植え付けの適期ですが、
根鉢をくずさずに植えつける場合は、時期を選びません。

根鉢よりも二回りほど大きい鉢を用意し、そこに植え付けます。
使う用土は、中粒の赤玉土2に対して腐葉土を1混ぜたものなど、
水はけがよく有機質が多い土が適しています。

根が肥料に負けることがあるので、元肥は入れないようにします。

・水やり
基本は、土の表面が乾いたら、
鉢底から水が出るまでたっぷりと与えるようにします。

冬の間は、気温が低いために土も乾きにくいですが、
地植えと違って鉢植えの場合は、土の量が制限されています。

そのため、降雨だけに頼ると水切れを起こすことがあるので、
土の状態をよく観察するようにします。

夏は気温が高く、生育期にも入っているため、土が乾きやすい時期です。
水切れを起こすと、葉や枝が枯れこんだりすることがあるので、
土の表面が乾いていたらたっぷり水やりをします。


mominoki (3).jpg
本物のモミの木のクリスマスツリーは、香りも良く素敵ですね


・肥料
植え付けや植え替えをした後は、
1ヶ月以上経ってから肥料を与えるようにします。

根付いていない頃に肥料を与えてしまうと、
根が焼けて枯れてしまう原因になることがあります。

あまり肥料を必要としませんので、
芽が出始める3月頃に化成肥料を与える程度で充分です。

・植え替え
何年か同じ鉢で育てていると、鉢の中が根でいっぱいになって、
根詰まりを起こしてしまいます。

根詰まりを起こすと、水や養分を思うように吸い上げることができなくなり、
生育が衰え、突然枯れてしまったりすることがあります。

それまで育てていた鉢よりも、一回りか二回り大きい鉢を用意し、
あまり根鉢を崩さずに植え替えます。

植え替えの適期は、2月〜4月ですが、根鉢を崩さず植え替えるため、
真夏以外であればあまり時期を選びません。


mominoki (1).jpg
モミの木の美しい葉


◎鉢の大きさを変えたくない場合
根鉢を少し崩す植え替え方法を用います。
根鉢を崩すので、必ず2月〜4月のうちに行います。

鉢からモミの木を抜き、三分の一〜半分ほど根鉢を崩します。
根の中に、黒く傷んでいるものがあれば取り除きます。

残った根を、先から三分の一くらいのところで切ります。
モミの木を鉢に植え付け、たっぷりと水を与えておきます。
植え替えでから1ヶ月ほどは、肥料を与えてはいけません。

新しい根が伸びてくるまでは、乾燥は禁物です。
土の表面が乾いていたら、
鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えるようにしましょう。

・剪定
11月〜3月頃が、剪定の適期です。
モミの木は、あまり深く考えずに、自然に樹形を任せても、
案外、綺麗に樹形がまとまってくれます。

混みすぎている部分は、蒸れて枯れあがることがあるので、
不要な枝を付け根から間引き剪定しましょう。


mominotane.jpg
モミの木の種を採取して蒔きます C)季節の花300 http://www.hana300.com/


・増やし方
挿し木、接ぎ木、種まきの3種類の方法がありますが、
挿し木は成功率が低く、接ぎ木は初心者には少し難しいです。
種まきからであれば、初心者にも挑戦しやすいでしょう。

9月〜10月頃、熟した実から種を採取します。
鉢などの容器に土を入れ、種を採取したらすぐに種まきを行います。

種の採取が遅れてしまった場合は、
種が乾燥しすぎないようにビニール袋などに入れ、冷蔵庫で保管します。
5月頃になったら、種まきを行いましょう。


■病害虫

病害虫はあまりつきませんが、
過湿や水切れによって枯れこむことが多いです。
水やりには注意しましょう。

■参考
・モミの木の育て方 栽培方法
・ゴールドクレストの育て方
・ポインセチアの育て方と越冬方法