Pansy-new (2).jpg
寒さには強いパンジーですが


パンジーは、もともと丈夫な植物なのですが、
ちょっと気を抜いて様子を観察していないと、
枯れてしまうことがあります。

パンジーやビオラが枯れる理由の、
原因と対策を掲げましたので参考にしてみてください。 



■パンジー 枯れる理由は?

1.水切れ
パンジーは秋から春まで、長い期間花を咲かせ続けます。
そのため、他の多くの植物たちがあまり生育せず、
水を欲しがらない季節に、意外と水を必要とします。

土が乾きにくい冬の間に、うっかり長期間水を与えなかったり、
少し暖かくなった頃に気を抜くと、水切れを起こして枯れることがあります。

毎日水浸しになるほど与える必要はありませんが、
土の表面を確認して、乾いているようであれば、
たっぷりと与えるようにしましょう。


冬の間は、気温の下がる夕方に水を与えると、
土が凍る原因になるので、午前中に水を与えるようにします。


Pansy (2).jpg
パンジーは長期間開花するので、季節や環境により水やりを調節してあげます


2.過湿
土がじめじめと常に湿気ている過湿の状態が続くと、
根が傷むことがあります。

過湿の状態を早く改善することができれば、
枯れるまで至らないことも多いのです。 


しかし葉に元気がないなど、水切れと同じ症状が出た場合、
それまで以上に水を与えてしまいかねません。

水を与える時は、必ず土の状態を確認し、
乾いているようならたっぷり与えるようにし、
土がまだ湿気ている場合は、水を控えるようにしましょう。

3.根詰まり
パンジーの苗を植え付けて、しばらくは問題なく生育していたのに、
徐々に元気がなくなってきた場合、根詰まりを起こしていた可能性があります。

パンジーは意外と根の生育が早く、小さな鉢で育てていると、
すぐに根詰まりを起こしてしまうことがあります。


鉢の底から根が見えていたら、根詰まりのサインです。
根詰まりがひどい場合、根鉢がガチガチにかたまってしまい、
水も肥料も通さなくなってしまうことがあります。

こうなると、根からは何も吸い上げることができず、
株が弱って枯れてしまいます。

まだ枯れていない株で、根詰まりを発見したら、
少し根鉢を崩して、大きい鉢や広い場所に植え替えてあげます。


Pansy-new (3).jpg
春、花期が終わりになって枯れていく場合もあります


4.暑さ
パンジーは寒さには強い植物ですが、暑さには弱いです。
4月頃までは、とてもキレイに花を楽しませてくれますが、
それを過ぎるとだんだん茎が長くなり(徒長)して、株姿が乱れてきます。

その後、気温が本格的に上がってくると、
暑さに負けて枯れてしまう一年草です。

春までは元気だったのに、初夏に枯れたということであれば、
一年草として寿命がきたと思われます。 


■参考
・パンジーの育て方
・パンジー ビオラ 季節の育て方
・パンジー ビオラが徒長したら?
・パンジー 花が咲かない
・パンジーの増やし方
・パンジーとビオラの寄せ植え
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
[パンジー] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ