nanten-new (5).jpg
南天の開花は6月ころで、小さな花がたくさんつきます


南天は、実生から育てると、
少なくとも3年は開花まで時間がかかります。

樹が若いので花がつかない場合もありますが、
成木になっても、花や実がつかないのには、
以下のような原因があります。


■南天 花が咲かない

1.日当たりが悪い
南天にはある程度の耐陰性があるため、
日当たりの悪い場所で育てても、枯れるということはあまりありません。

ただ、日当たりの悪い場所で育てていると、
花付きや実付きが悪くなることがあります。

どうしても花を咲かせたい場合は、
半日陰以上に日の当たる場所で育てるようにします。


nanten-new (2).jpg
南天は日当たりが好きです


2.窒素が多い
南天に肥料を与える場合は、
2月と9月に緩効性の化成肥料を少量与える程度で充分です。

地植えにしている場合は、痩せ地でない限りは、
肥料を必要としない場合もあるくらいです。

とはいえ、花付きをよくするためには、
補助的に肥料を与えるのは有効です。
ただし、与える時は必ず少量にすることです。

肥料をたくさん与えたからといって、
必ずしも花付きや生育がよくなるわけではありません。

むしろ肥料過多になることで、根が傷んだり、肥料焼けを起こして、
株が弱ったりすることもあります。

また、肥料の成分の比率も重要です。
たいていの肥料は、窒素・リン酸・カリの3要素からできています。

この要素の中で、窒素が多い肥料を与えると、
枝葉ばかり茂って、花付きが悪くなります。

与える肥料は、3要素が同等のものか、
リン酸が多めのものを選ぶと良いです。


nanten-new (6).jpg
剪定時に花芽を切らないように注意します


3.花芽を切っている
南天は6月頃に花を咲かせ、その後結実します。
翌年の花芽は夏頃に形成されるといわれているため、
それよりも後に剪定を行った場合、
すでにできている花芽を切っている可能性があります。

南天の剪定は2月〜3月とされていますので、
どうしても花芽が形成された後に剪定することになります。

ただ、南天の剪定は全ての枝を切るより、
地際から切る間引き剪定が中心になります。

◎花を咲かせた枝を剪定する
南天は花を1度咲かせた枝には、3年ほどの間は花をつけません。
間引き剪定を行う際、花をつけたことのない枝ばかりを選んで切り、
花をつけたことのある枝ばかりを残すと、花が咲かない原因になります。

間引き剪定を行う時には、花を咲かせた枝を優先して切るようにしましょう。

4.花の咲かない品種である
南天にはたくさんの品種があります。
その中でも、オタフク南天のように、
花も実もつけない枝葉を楽しむ品種があります。

育てている南天が、オタフク南天のように花の咲かない品種である場合、
残念ながら、どう頑張っても花を咲かせることはありません。

■参考
・ナンテンの育て方、栽培方法
・ナンテンの実がならない理由は?
・南天とは?
・白南天の育て方
 カテゴリ
 タグ