ninniku (15).JPG
品種選びが大切なニンニク


「家庭菜園でニンニク栽培は難しそう」と、
ついつい敬遠する方は多いのではないでしょうか?

確かにニンニク栽培といわれても、
どういう感じかイメージがつきにくいですね。

しかし、ニンニク栽培は植え付けから収穫までが長く長期戦ですが、
決して難易度が高くはなく、コツを覚えれば美味しく栽培できます。


さらにポイントを押さえればプランターでの栽培も可能です。
自分で育てて収穫したホクホクのおいしいニンニクを、
食べられたら元気がでますし、なにより幸せですね。


ninniku (2).jpg
施肥にもコツがあります


■ニンニク栽培 おいしくない原因は?

せっかく育てたニンニクが苦みがあって食べられなかったり、
おいしくなかったりしたらとても残念です。

「栽培したニンニクがおいしくない」理由は、
主に、以下のことが考えられます。

1.土地にあった品種を選んでいない
できれば地元産のニンニクを植え付けた方が成功の確率が上がります。
寒冷地向き、暖地向きの品種などもありますので、
お住まいの地域に適したニンニクを選ぶようにしましょう。

2.チッ素成分が多い
ニンニクは肥料を必要としますが、チッ素分が多すぎると、
苦いニンニクができてしまう場合があります。

3.追肥の時期が違う
ニンニクは肥料が残ると苦くなるといわれています。
肥料喰いですので肥料は大切ですが、
追肥の時期はしっかりと守るようにしましょう。

◎ニンニクの追肥の時期
・植え付けから一ヶ月後
・年明けの2月下旬
・3月下旬

◎止め肥え(肥料を終える時期)が重要
苦みを残さないためには、止め肥えが特に重要となります。

地域や品種によって多少異なりますが収穫時期が6月頃ですので、
2ヶ月前の4月上旬までには追肥を完了させるようにします。
それ以降は肥料は施しません。

4.食べ方が悪い
ニンニクはもともと中心部は苦みの成分をもっています。
ですので、調理に使うときには中心の芽の部分は、
とり除いてから使用するようにしましょう。

また、焦がしてしまうと苦みが強くなってしまいますので、
焦がさないように注意しましょう。

■参考
・ジャンボニンニクの育て方、栽培方法
・無臭ニンニク(にんにく)の育て方、栽培方法
・ニンニク(にんにく)の種類
・ニンニクの保存方法1 冷蔵から醤油漬けまで
・ニンニクの保存方法2 オリーブオイル漬け
・ニンニクのプランター栽培
・ニンニクの育て方 ←地植え基本編です
・ニンニク 肥料は?
・ニンニク 大きくならない
・ニンニクが枯れる理由は?
・ニンニク 葉が黄色くなるのは?
 カテゴリ
 タグ