cornflower (2).jpg
ヤグルマギク、矮性種もあります。


秋はガーデニングに最適の季節です。
苗を買ってきて植えるのも良いですが、
種から育てたものが花を咲かせると、格別の嬉しさがあります。

種からでも育て方が簡単な植物はたくさんありますので、
秋蒔き 花の種、いくつか代表的な花をご紹介します。



■秋蒔き 花の種


Alyssum.jpg
・アリッサム(Alyssum) 

アブラナ科 
蒔き時:9月中旬〜9月下旬
花期:3月〜6月、9月〜12月 
草丈:10cm〜30cm


秋に種まきをしたものは、翌年の春から開花が始まります。
花自体はとても小さな花ですが、
花期になると株いっぱいに花を咲かせ、とても豪華です。

花色も白から濃い紫まであり、寄せ植えの脇役にも、
単品種植えをして鉢植えの主役にすることもできる、
とても使い勝手のいい植物です。

アブラナ科のため、虫に好かれます。
育苗中は防虫ネットなどをかぶせて予防し、
植え付け後も薬剤などを使って防除しておくと安心です。



Antirrhinum majus.jpg
・キンギョソウ(Antirrhinum majus) 

ゴマノハグサ科 
蒔き時:9月
花期:4月〜6月(環境が合えば周年)
草丈:10cm〜100cm


本来は多年草ですが、園芸品種などは花後に枯れるものが多いので、
日本では一年草扱いになっているものがほとんどです。

すらりと伸びた花茎に、
ふっくらとした花をつける様はとてもかわいらしいです。

花色は、白やピンクなどの可愛らしい色や、
オレンジやバイカラーのビビッドな色、
濃い紫や真紅などのシックな色まであり、とても豊富です。

切り花用の高性種もありますが、矮性種もあるので、
花壇の前方や寄せ植えなどにも使えます。



Lathyrus odoratus (3).jpg
・スイートピー(Lathyrus odoratus) 

マメ科 
蒔き時:10月〜11月上旬
花期:4月〜6月 
草丈:30ccm〜300cm


ひらひらとした花びらが美しいスイートピーも、
種から簡単に育てることができます。

秋に種をまくと、翌年の春から初夏にかけて花を咲かせます。
つるをよく伸ばす高性種と、つるを伸ばさない矮性種があるので、
植える場所によって品種を選ぶといいでしょう。

花色はとても豊富ですが、黄色だけはまだありません。
F1種ではない場合、花の後にできる鞘を完熟させると、
中に種ができていて、それをまたまくこともできます。



Bellis perennis.jpg
・デージー(Bellis perennis) 

キク科 
蒔き時:9月〜10月
花期:3月〜5月 
草丈:10cm〜30cm


細い花茎をひょろりと伸ばした先に、
ふさふさとした細かい花びらの花を咲かせます。

花期には次から次へと開花しますので、
咲き切って傷み始めた花は、適宜摘むようにします。

寒さにはある程度耐性がありますが、
霜に弱いところがあるので、冬の間は注意しましょう。

寒くなるまでに根をしっかり張らせるためにも、
種をまくのは9月〜10月の適期のうちに必ず済ませておきましょう。



Nemophila.jpg
・ネモフィラ(Nemophila) 

ムラサキ科 
蒔き時:9月上旬〜10月上旬
花期:3月〜5月 
草丈:10cm〜30cm


秋に種まきをし、翌年の春に開花が始まります。
青空のような青や、清楚な白、
中心が黒に近い色になるバイカラーなどの品種があります。

横に這うように伸び、花期には小ぶりの花をたくさん咲かせます。
開花までひ弱に育ててしまうと、徒長気味になって草姿が乱れます。

できる限り日当たりの良い場所で育てて、
締まった株に育つよう心がけると見栄えがさらに良いです。



Pansy.jpg
ビオラ

Pansy (2).jpg
・パンジー、ビオラ(Pansy,Viola) 

スミレ科 
蒔き時:9月
花期:10月下旬〜5月 
草丈:10cm〜30cm


冬から春まで咲く花の代表格です。
花色も花びらの形もたくさんあり、
必ずお気に入りの品種が見つかるでしょう。

花期が長いのも魅力の一つですが、
種まきの時期が遅れると、開花時期も遅れてしまいます。

適期を過ぎてから種をまいてしまうと、
本格的に寒くなって生長が止まるまでに株が充実しません。

耐寒性のある植物ですので、
苗が小さい状態でも越冬することが多いですが、
春になってから株が充実するまでにも時間がかかります。

初夏頃になってようやく開花した、
ということにもなりかねませんので、注意しましょう。



cornflower (1).jpg
・ヤグルマギク(cornflower) 

キク科 
蒔き時:9月〜10月
花期:4月〜6月 
草丈:30cm〜100cm


花の形が、矢車に似ていることから、
ヤグルマギクと呼ばれるようになりました。

花は小さな花の集合体で、少し乾燥した感触をしています。
そのため、ドライフラワーに適していて、
ドライにした後も、花色が残りやすいです。

一昔前までは、切り花向きの高性種がおもに流通していましたが、
最近では草丈が30cmほどの矮性種もあり育てやすいです。

■参考
・ベランダで簡単野菜栽培|秋まき編
・秋まき野菜 秋植え野菜の栽培
・秋植えの花と球根
 カテゴリ
 タグ