huyuyasai20(1).JPG
ハクサイ植え付け後、ちゃんと巻いてくれると嬉しいです


■ハクサイの植え付け時期は?

1. ハクサイの種まきの時期
ハクサイは種から育てる場合と、苗を購入して育てる場合とがあります。

まず種から育てる場合は、育てる場所に直播きをして育てるか、
ポットで育苗してから育てる方法があります。

いずれも種まきの時期は、8月中旬〜9月上旬頃です。

これよりも遅くなると、定植できるまでの育苗に時間がかかったり、
しっかりと育つまでに寒くなり、結球できないなど生育に影響します。

2.ハクサイの植え付けの時期
育苗してから定植したり、苗を購入して植え付けたりする場合も、
適期を守らないと生育に影響が出ます。

・種から育苗した場合
種から育苗した場合は、本葉が4枚〜5枚くらいになったら、
定植できる株に育っているので、定植しましょう。
定植は9月いっぱいまでに終わらせます。

定植ができるまでに育ってからも、
ポットのまま育ててしまうと、根が周りすぎてしまい、定植した後に根付きが悪くなってしまいます。


hakusai.jpg
去年も今年も、てしまの苗屋 楽天市場店で苗を購入しました


・苗を購入する場合
苗を購入する場合は、上記を参考に苗選びをすると、失敗が少なくなります。
仕入れてから時間がたってしまったものは、
本葉がやたらと育ってしまっていたり、
ポットの底から根が見えてしまっていたりします。

このような苗は、植え付け適期を過ぎているので、植え付け後の根付きが悪く、
植え付け適期である9月いっぱいに植え付けることができたとしても、
その後の生育がよくないことがあります。

苗を選ぶ時は、本葉が4枚〜5枚くらいで、
ポットの底から根が出ていないものを選びましょう。

また、株を軽くゆすってみて、あまりにぐらぐらするものは、
逆に根の生長が悪すぎる場合がありますので、
そのような苗も避けるようにしましょう。


hakusai (3).JPG
浅植えにすると生育が良いです


3.ハクサイの苗の植え付け方
苗を植え付ける時は、株元が見えないくらいの深植えは禁物です。
根鉢の表面が少し見えている程度に浅植えするようにすると、
葉が発生しやすく、根も広がりやすい状態になります。

ハクサイの種まきは8月中旬〜9月上旬、定植は9月いっぱいまで、
ということを忘れないようにしましょう。 


ただし、ハクサイにはたくさんの品種が存在します。
品種それぞれに種まきや定植の時期が少しずつ違いますので、
種や苗を購入する際には、必ず適期を確認しておきましょう。

■参考
・ハクサイ(白菜)の育て方 地植え
・ハクサイのプランター栽培|品種を選んで追肥で大きく!
・軟腐病の予防対策|キャベツやハクサイの茎葉が溶ける
・秋まき野菜 秋植え野菜の栽培
 カテゴリ
 タグ