tamanegi (4).jpg
甘くておいしいタマネギを育てるために


タマネギの追肥はいつどのようにすれば良いのでしょうか。

■タマネギの追肥は?

タマネギの追肥は2回だけです。

1.タマネギ1回目の追肥
1回目は、苗を植え付けてから半月〜1ヶ月ほど経った頃です。
タマネギの苗の植え付けは、だいたい11月頃なので、
1回目の追肥のタイミングは12月頃ということになります。

この時、マルチをしている場合は、はがしてから追肥を行うと作業が楽です。
化成肥料を株間や列の間にぱらぱらとまきます。

その後、中耕をかねて軽く表面を耕し、
肥料と土、そして空気が混ざるようにしておきます。

この時期は、もう寒くなっているので、
タマネギ自体はほとんど生長していません。

そのため、与える肥料は少量で十分なのですが、
効率よく水と肥料分が土にしみこむように、中耕は大切な作業です。 


マルチをしていない場合は、追肥の後に、
敷きワラや腐葉土などで覆うと、防寒と乾燥防止になります。

タマネギは耐寒性の高い植物なので、マルチがなくても越冬はできます。
ただ、凍害に合う可能性もありますし、
越冬できてもその後の生育に影響することもあるので、
念のためマルチをしておくことをおすすめします。


tamanegi (2).jpg
土寄せ、中耕も大切です


2.タマネギ2回目の追肥
2回目の追肥は、生育期に入る直前の2月〜3月です。
だんだん暖かくなってくると、
ほとんど眠っているような状態だったタマネギも、また動き始めます。

4月頃から肥大が始まるので、それまでに必ず肥料を与えるようにしましょう。
この追肥の時も、マルチをしている場合ははがして行いましょう。

2回目も1回目同様、肥料をぱらぱらと与えた後は、
中耕をかねて土の表面を耕しておきましょう。

さらに、株元が土から見えていると、日が当たって緑化してしまうので、
土寄せをしておくと見た目も良いです。


与える肥料は、窒素・リン酸・カリの割合が同等のもので、
8:8:8くらいのものが良いです。

またどれがいいか分からない場合は、
タマネギの専用肥料を使う手もあります。

最近はホームセンターや園芸店などでも、
家庭菜園向けにタマネギの専用肥料が売られていて便利です。

■参考
・タマネギの栽培|初心者にも分かる育て方
 カテゴリ
 タグ