グランドカバーが必要な場所は、日向〜日陰まで様々です。
明るい場所でキラキラ輝く元気あふれる黄色い花も、
日陰を明るく彩ってくれる黄色い花もとても魅力的です。


■グランドカバー 黄色い花


Artemisia schmidtiana.jpg
・アサギリソウ(Artemisia schmidtiana) 

キク科 日向〜半日陰
花期:8月〜9月 
草丈:15cm〜40cm


細いふわふわとした銀葉がもこもこと茂っている姿は、
とても愛らしく面白い雰囲気があります。

寄せ植えや下草としても使われますが、
丈夫な性質なのでグランドカバーにも適しています。

花もユニークで、細い花茎が伸びてきて、
黄色いボタンのような形をしています。
*開花の写真、準備中です。

繊細な見た目と違い、太陽の光が大好きで、
夏に日向に置いてもじゅうぶん生育します。

午前中いっぱい直射日光が当たるような半日陰であれば、
生育に問題はありませんが、あまり日当たりが悪いと、
間延びして徒長し、草姿が乱れます。



Oxalis (1).jpg

Oxalis (2).jpg
・オキザリス(Oxalis) 

カタバミ科 日向〜半日陰
花期:品種による 
草丈:10cm〜40cm


日本でもお馴染みのカタバミの仲間です。
クローバーのようなハート型を寄せたような葉が一般的ですが、
園芸種には、芝のような細い葉のものや、大きな三角形の葉のものなど、様々です。

品種によっては、一年草や球根を作るものなどありますが、どれも性質は丈夫です。
花期は品種によって、四季咲き、冬に休眠して春〜夏に咲くもの、
夏に休眠して秋〜冬に咲くものに分かれています。



Dusty miller (2).jpg

Dusty miller (1).jpg
・シロタエギク(Dusty miller) 

キク科 日向〜半日陰
花期:6月 
草丈:20cm〜50cm


白い毛が株全体に生えているシルバーリーフです。
基本的には葉を観賞するための植物ですが、黄色い花も咲かせます。
とても丈夫な性質で、冬の寒さにも耐えて常緑で楽しませてくれます。
夏の開花時に、なるべく花を早く切ることで夏越しの成功率が上がります。
うまく夏越しできると、年々株が大きくなり、存在感が増します。
株姿が乱れたと感じたら、切り戻しをすると、
脇芽から新しい葉が生えてきて、ボリュームが出ます。



Leopard plant (2).jpg

Leopard plant (1).jpg
・ツワブキ(Leopard plant)  

キク科 半日陰〜明るい日陰
花期:10月〜12月 
草丈:20cm〜80


半日陰のグランドカバーとして、和風の庭でも定番の植物です。
秋から冬にかけて明るい黄色の花を咲かせる品種が多いですが、
最近では朱色やクリーム色の花をつけるものもあります。

葉は丸くてツヤがあり、軸もしっかりしていて常緑なので、
花期以外でも一年中楽しむことができます。

葉も、濃いグリーン以外に斑入りのものや、
縁にギザギザと切れ込みの入ったもの、
ひらひらと波打ったものなど意外と種類が多いので、
洋風の庭に合うものもあります。



Potentilla hebiichigo (4).jpg

Potentilla hebiichigo (1).jpg
・ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo)   

バラ科 日向〜半日陰
花期:4月〜10月 
草丈:5cm〜20cm


春から秋まで、ポツポツと黄色い花を咲かせては、赤い実をつけます。
生育が旺盛で、ランナーをよく伸ばした先で新しい株が発生し、
そこからまたランナーが出るので、1株だけ植えてもあっという間に広がります。

寒さにも暑さにも強く、あまりにも生育が旺盛なので、
雑草化することがあるほどです。

決めた範囲より外にランナーを出し始めたら、
刈り込むのではなく根ごと引き抜けば、広がりを抑えることができます。
根を残しているとそこからまた葉を出して茂ってしまうので、
必要ない場所に生えた場合は根ごと抜くようにしましょう。



Mecardonia.jpg
・メカルドニア(Mecardonia)   

ゴマノハグサ科 日向
花期:6月〜10月 
草丈:5cm〜15cm


夏の暑さに強く、多少の湿気にも耐えられます。
寒さに弱く、冬になると枯れてしまうので、一年草として扱います。
暖かい時期限定ではありますが、匍匐してよく伸び、花も次々と咲かせるので、
狭いエリアでのグランドカバーに向いています。

葉も花も小さく、派手な印象ではありませんが、
それ故に他の植物の邪魔をしないので、下草や寄せ植えにも使えます。



Lysimachia.jpg
・リシマキア(Lysimachia)   

サクラソウ科 日向〜日陰
花期:4月〜8月 
草丈:5cm〜100cm


日向から日陰まで、生育する範囲は広いですが、
夏の暑さに弱いところがあります。

また、日当たりがあまりよくない場所だと、
花つきが悪くなることがあるので、半日陰の場所に植えるのが理想です。

葉だけを観賞するのであれば、日陰でも生育に問題はありません。
少し湿気た環境を好むため、乾燥には弱いです。
土が乾いていると感じたら、たっぷり水を与えるようにしましょう。

■参考
・春の花壇作り
・夏の花壇作り
・秋の花壇
・冬の花壇
・花壇 種類 画像つき
・夏に長く咲く花 画像付き
・西日に強い花
・グランドカバー ハーブ 画像付き
・グランドカバー 多年草 画像付き
・グランドカバー ピンクの花
・グランドカバー 白い花
・グランドカバー 青い花