sarusuberi (3).jpg
木肌がつるつるして美しいです


サルスベリは、サルが滑り落ちるほど幹がつるつるしているので、
「猿滑」と名づけられましたが、実はサルは簡単に登れるそうです。

サルスベリは漢字で百日紅と書き、
文字通り夏の間に長期間花を咲かせ続けます。


sarusuberi (4).jpg
サルスベリのある庭


■サルスベリの育て方

・栽培環境
日当たりの良い場所で育てます。
少なくとも午前中いっぱいは日が当たる場所に植え付けましょう。

日当たりが悪いと、花つきが悪くなり、
せっかくの花を楽しむことができません。

暑さにも夏場の直射日光にも強いので、
夏場に一日中太陽の光が当たる場所でも問題ありません。

寒さに少し弱いですが、
東北以西であれば、戸外での越冬は可能です。

・植え付け
芽が動きだす前の3月〜4月か、
落葉後の10月〜11月が植え付け適期です。

排水性の良い土を好むので、地植えの場合は植え付け場所を掘り返し、
腐葉土と堆肥をすきこんでおきます。
植え付け後はたっぷりと水を与えておきましょう。

サルスベリは、移植を嫌います。
植え付ける場所は十分考えてから決めましょう。 



sarusuberi.jpg
サルスベリの樹形


・水やり
地植え
地植えであっても、植え付けてから1年ほどは、
しっかり根付いていないので、水やりに注意します。
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。

地植えの場合、しっかり根付いたら水やりの必要はありません。

鉢植え
鉢植えの場合は、地植えよりも土の量が少なく乾きやすいですので、
植え付けから1年を過ぎても、土の表面が乾いたら水を与えるようにします。

また、開花期が夏の暑い時ですので、
夏の間は特に乾かしすぎないように注意します。

水切れを起こすと、花つきが悪くなったり、
葉先が茶色く変色したりしてしまいます。

・肥料

地植え
落葉期に油粕と骨粉を混ぜたものを、株元の土と混ぜて与えます。

鉢植え
地植えよりも肥料の流亡が激しいので、落葉期の肥料に加え、
5月〜8月の生育期にも緩効性の固形肥料を与えるようにします。


sarusuberi (7).jpg
良い剪定をすると花も多く咲きます


■サルスベリの剪定

・落葉期の剪定
強い剪定は、厳寒期を避けた落葉期に行います。
まず、細い枝は根元から切り落とします。

次にその年に伸びた枝を、根元から2cm〜3cm残して、
思い切って、ばっさりと切り落とします。

サルスベリは伸びた枝の先に花芽をつけます。
強く剪定することで、春以降に伸びる枝に勢いが出て良い花が咲きます。

ところが、弱く剪定してしまうと、
伸びる枝も細いものになり、花も小さくなります。

小枝ばかりがたくさん伸びても、栄養が分散してしまうだけなので、
切る時は思い切って切るようにするのが良いです。

・こぶ
落葉期の剪定では、毎年同じような場所を切ることになり、
丈夫なサルスベリはそれでもよく新枝を伸ばします。

ところが、数年経つと毎年切り戻している場所が、
だんだん太くなり、こぶのようになってきます。

このこぶは特に病気というわけではないのですが、
樹形を崩すので、目立ってきたら切るようにします。

落葉期の剪定時に、こぶごと古枝を切るようにしましょう。

・春以降の剪定
春以降は新しい枝を伸ばし、その先に花芽をつけるようになります。
そのため、春〜秋の生育期に強い剪定は避けて、
地際から伸びてくる枝(ヤゴ)や、
細い枝などを整理するために切る程度に止めます。

ただし、枝が混みあっていると害虫発生や病気の原因になります。
混みあっている部分は、生育期でも間引き剪定を行い、
風通しをよくしておきましょう。


sarusuberi (5).jpg
花が終わったら切るようにします


・花ガラ摘み
花が咲き終わった後、そのままにしていると種ができ、
栄養を種に回そうとして花つきが悪くなったり、株が弱ったりします。
花が終わったら、できるだけ早く切るようにしましょう。

・増やし方
挿し木で増やすことができます。
3月〜4月が挿し木の適期です。

前年に伸びた枝を20cmほど切り、挿し穂にします。
切った枝は水を入れた瓶などに1時間ほど挿しておき、水上げをしておきます。

プランターや鉢などに、小粒の赤玉土などを入れて湿らせ、
水上げをした挿し穂をやさしく挿します。
発根するまでは乾かないように、明るい日陰で管理します。

種で増やすこともできますが、花が咲くまで数年かかります。
秋に種をとってすぐか、保管しておいて翌年の4月〜5月に種をまきます。

ただし、一才サルスベリなどの品種であれば、
種をまいたその年に花が咲く品種もあります。


sarusuberi (2).jpg
種を採取しない場合は、早めに取り除きます


■病害虫

丈夫なサルスベリですが、うどん粉病にかかることがあります。
枝が混みあったりして風通しが悪いと発生しやすいので、
混んでいる枝は間引き剪定を適宜行い、風通しを良くしておきます。

■参考
・サルスベリの増やし方
・サルスベリの植え替え
・サルスベリ 鉢植えの育て方
 カテゴリ
 タグ