kiranso.jpg
アジュがの仲間のキランソウ


グランドカバーの中には、青や紫の花を咲かせる植物がたくさんあります。
青系の花を咲かせるグランドカバーに向く植物は、
和風にも洋風にも合い、落ち着いた印象で鑑賞価値が高いです。

暑い夏には涼しい雰囲気に、暗くなりがちな日陰を明るくしてくれます。


■グランドカバー 青い花


Ajyga (1).jpg

Ajyga (2).jpg
・アジュガ(Ajyga)  

シソ科 半日陰〜日陰
花期:4月〜5月 
草丈:10cm〜30cm


地面に近いところで、ランナーを伸ばして、
だんだんと広がるように生育します。

日本のジュウニヒトエやキランソウもアジュガの仲間です。
花期にはたくさんの青い花穂を立ち上がらせて花を咲かせます。

半日陰や明るい日陰のような場所を好みます。
日当たりの良い場所は土が乾燥しやすく、生育が悪くなります。

生育のスピードは品種によって違うので、
グランドカバーなど広い面をできるだけ早く埋めたい時は、
生育の早い品種を確かめて選ぶようにしましょう。



plantain lily (1).jpg

plantain lily (2).jpg
・ギボウシ(plantain lily)   

リュウゼツラン科 半日陰〜日陰
花期:6月〜9月 
草丈:15cm〜150cm


日陰を彩るのに欠かせないギボウシは、
葉を楽しむものと思われがちですが、青い花も魅力的です。

初夏を過ぎた頃から、長い花茎を伸ばした先に小花を咲かせます。
1つの花の寿命は短く、1日でしぼんでしまいますが、
多いものでは数十輪も花をつけるものがあり、見ごたえがあります。

ギボウシには葉が3cm〜4cmの小型から、
30cmを超す大型まで様々な品種があります。



Salvia reptans.jpg
・コバルトセージ(Salvia reptans)  C)ゲキハナ 感激安心のお花屋さん
 
シソ科 日向〜半日陰
花期:9月〜10月 
草丈:40cm〜100cm


秋に目の覚めるような青い花をたくさん咲かせるセージの仲間です。
ハーブとして有名なセージですが、
コバルトセージは、ハーブとしての利用ではなく主に鑑賞用です。

宿根草なので、冬の間は地上部がなくなり、春にまた芽吹いてきます。
株の生育も早く、大株になる上に、種からも増えるのでよく広がります。

細い花茎に小さな花をつけるので、とても繊細に見えますが、
群生させると素晴らしいブルーのグランドカバーになります。



Convolvulus (2).jpg

Convolvulus (1).jpg
・コンボルブルス(Convolvulus)  
 
ヒルガオ科 日向
花期:5月〜9月 
草丈:30cm〜100cm


朝顔のような花をつける植物で、寒くなると枯れてしまう一年草と、
冬越しをして毎年花をつける多年草とがあります。

真夏の暑さも直射日光にも丈夫で、
ぐんぐんとつるを伸ばして、たくさんの青い花を咲かせます。

一般的なつる植物のように、フェンスなどに誘引して楽しんだり、
地面を這わせるようにして、グランドカバーにもできます。



Mazus miquelii (3).jpg

Mazus miquelii (1).jpg
・サギゴケ(Mazus miquelii)  
 
ゴマノハグサ科 半日陰〜日陰
花期:3月〜5月 
草丈:3cm〜10cm


背丈が低く、びっしりと生えて広がります。
半日陰〜日陰まで生育しますが、暗い場所だと花付きが悪くなります。
名前にコケとついていますが、コケ類ではありません。

しかし、乾燥には弱く、湿気た環境を好みます。
植え付ける場所や土は水もちの良いものを使うようにしましょう。



Liriope muscari (1).jpg

Liriope muscari (2).jpg
・ヤブラン(Liriope muscari)  
 
ユリ科 日向〜日陰
花期:8月〜10月 
草丈:20cm〜50cm


非常に強健な植物で、日向から日陰まで幅広く生育します。
暗い場所ですと、花つきが悪くなりますが、枯れてしまうことはありません。

耐陰性も耐寒性もあり、常緑なので、
暗くなりがちな場所に植えられることが多いです。
葉に斑が入っているものもあり、洋風にも和風にも合う植物です。



Lamium (1).jpg

Lamium (3).jpg
・ラミウム(Lamium)  

シソ科 半日陰〜日陰
花期:3月〜5月 
草丈:15cm〜25cm


少し湿気たような環境を好み、ピンク、青紫の花を咲かせます。
半日陰や明るい日陰のような場所のグランドカバーに向いています。

日向の方が花付きはいいですが、乾燥した土が苦手なのと、
直射日光に当たると葉焼けを起こすので、
植えるのであれば半日陰から明るい日陰にします。

匍匐して枝がよく伸び、先端が少し立ち上がりますが、
あまり背丈が高くなることはありません。

葉は縮れたようになっており、マットな感じですが、
グリーンに白い斑が入るので、日陰でも目を引きます。

密に茂るので、梅雨時期などの長雨で蒸れて枯れあがることがあります。
枝を適宜すいたり、切り戻しをして風通しをよくしておくと、
蒸れを軽減することができ丈夫に生育します。

■参考
・春の花壇作り
・夏の花壇作り
・秋の花壇
・冬の花壇
・花壇 種類 画像つき
・夏に長く咲く花 画像付き
・西日に強い花
・グランドカバー ハーブ 画像付き
・グランドカバー 多年草 画像付き
・グランドカバー ピンクの花
・グランドカバー 白い花