Pinkladies (1).jpg
ヒルザキツキミソウ、開花期間も長いです


グランドカバーは、雑草防止や地面を覆うために使われますが、
ピンクの花を咲かせるグランドカバーもたくさんあります。

今回は、愛らしいピンクの花を咲かせる、
おすすめのグランドカバーをご紹介します。


■グランドカバー ピンクの花


clover (2).jpg

clover.jpg
・クローバー(clover)
 
マメ科 日向〜半日陰 
花期:4月〜6月 
草丈:10cm〜15cm


一般的に、クローバーと聞くと白い花のものを想像しますが、
ピンク色のアカツメクサ、ムラサキツメクサなどの品種もあります。

丈夫で乾燥にも強く、痩せ土でもよく育ちます。
マメ科特有の根粒菌がつくので、肥料もほとんど必要としません。

こぼれ種でも増え、ある程度の踏みしめにも耐えることができます。
根が残っていれば、そこから再生するので、刈り込みにも強いです。

半日陰でも生育に問題ありませんが、徒長しやすくなるので、
定期的に切ったり踏んだりして刺激を与えると、締まった草姿になります。



Geranium.jpg
・ゲラニウム(Geranium)

フウロソウ科 日向〜半日陰
花期:4月〜6月 
草丈:10cm〜30cm


ゲラニウムにはたくさんの品種がありますが、
あまり背が高くなるものはありません。

けれど、グランドカバーにするのであれば、
匍匐性の品種を選ぶといいでしょう。

地面に近い場所で葉が茂り、そこから花茎を伸ばして、
小さな花を咲かせる姿は、とてもかわいらしいです。

日当たりの良い場所を好みますが、乾燥には強くないので、
西日の当たるような場所は避けた方がいいでしょう。

また、耐寒性は強いのですが、耐暑性があまり強くないので、
真夏は風通しの良い半日陰などで管理した方がいいでしょう。



Silene.jpg
・シレネ(Silene) 

ナデシコ科 日向〜半日陰
花期:5月〜8月 
草丈:5cm〜60cm


シレネはたくさんの品種がありますが、
どれも丈夫でたいへん育てやすい植物です。

八重咲きなどの花がゴージャスな品種もありますが、
グランドカバーにしやすい匍匐性の品種は、
シンプルな花をつけることが多いです。

ですので、他の植物と合わせやすく、
ナチュラルな雰囲気を出すことができます。
花期には株いっぱいに花をつけるので、
花が小さくても見ごたえがあります。



Lippia canescens (2).jpg
・ヒメイワダレソウ(Lippia canescens)

クマツヅラ科 日向〜半日陰
花期:6月〜9月 
草丈:5cm〜15cm


とても生長が早く、たくさんのランナーを出してよく広がります。
強い日光にも乾燥にも強いのですが、日陰ではうまく育ちませんので、
できる限り日当たりのいい場所で育てるようにします。

一日に数時間以上の直射日光が当たる場所であれば、
半日陰だとしても生育しますが、明るい日陰などの
直射日光が射さない場所での生育は難しいです。

密に茂り、生長も早いので、広いスペースの、
グランドカバーや雑草よけに向いています。

ただし、繁殖力が旺盛で1株で1年に1uにも育ちます。
家の境界線に植えると隣家に蔓延る場合もあり、
さらに、ほかに育てたい草花があるときには不向きです。



Heuchera.jpg
葉のようす C)ハッピーガーデン

Heuchera (2).jpg
・ヒューケラ(Heuchera) 

ユキノシタ科 半日陰〜明るい日陰
花期:5月〜6月 
草丈:20cm〜80cm


様々な色の葉が魅力的なヒューケラは、
よくカラーリーフとして植えられ、ほかの花との相性も良いです。

涼しい時期であれば日向でも問題ありませんが、
真夏などは暑さで蒸れたり葉焼けしたりするので、
半日陰に植えるのがおすすめです。

花つきが悪くなりますが、明るい日陰でも葉を楽しむことはできます。
春にひょろりとした花穂を伸ばし、とても小さな花を咲かせます。
ヒューケラは葉色も美しいですが、満開の花も見ごたえがあります。



Pinkladies (2).jpg
・ヒルザキツキミソウ(Pinkladies) 

アカバナ科 日向〜半日陰
花期:5月〜8月 
草丈:15cm〜40cm


ツキミソウといえば、夕方に開花して、
翌朝には花がしぼむことで知られています。

こちらのヒルザキツキミソウは、日中に開花して、
2日〜3日は開花した状態を保ってくれます。

ふんわりとした柔らかいピンク色の花が、次から次へと咲き続けます。
耐暑性も耐寒性もあり、とても丈夫でこぼれ種でも増えていきます。



L. spectabilis (2).jpg
・マツバギク(L. spectabilis) 

ツルナ科 日向〜半日陰
花期:5月〜9月 
草丈:10cm〜20cm


松葉のような細い多肉質の葉をもち、
菊のような花を開花期間中は次々と咲かせます。

乾燥や潮風に強く、半日陰くらいまでなら、
問題なく生育し、愛らしい花を咲かせます。

乾燥に強い反面、湿気には弱く、
土が湿った状態が続くと根腐れを起こしたり、
地面に触れている部分が枯れあがったりするので、
乾燥気味に管理するようにしましょう。


このほかにも、下記でご紹介したオレガノ、クリーピングタイム、
シバザクラ、ヒメツルソバ、ベビーサンローズも、
ピンクの花が美しいグランドカバーです。
・グランドカバー ハーブ 画像付き
・グランドカバー 多年草 画像付き

■参考
・春の花壇作り
・夏の花壇作り
・秋の花壇
・冬の花壇
・花壇 種類 画像つき
・夏に長く咲く花 画像付き
・西日に強い花