akimakiyasainae.JPG
秋まき野菜の苗


真夏は外に出るのも億劫になるくらい暑いですが、
それを過ぎるとだんだん風が涼しくなり、
家庭菜園をしやすい気候になってきます。

秋の始まりは種まきの季節です。
新鮮な秋冬野菜を楽しみましょう。


[ベランダで簡単野菜栽培|秋まき編] 


■水やりの加減

春から夏を過ぎるまでは、気温が高く土の乾燥も早まります。
秋から冬はその逆で、気温は下がってきて土は乾きにくくなります。

種をまいた後、発芽するまでは乾燥しすぎないようにしますが、
本葉が出てきてからは、土の状態を確認して、
表面が乾いているようなら与えるようにします。

プランターや鉢だと、土の量が限られているので、
地植えよりも乾きやすい環境になります。

それでも寒くなると土が乾きにくくなってきて、
数日水を与えなくても大丈夫なこともありますね。

あまり土が湿気た状態が続くと、病気にかかったり、
根腐れを起こしてしまったりすることがあるので、
毎日水やりするのではなく土が乾いてから与えるようにしましょう。


daikon-998ae.JPG
「マコトちゃん」「三太郎」というダイコンが簡単に育てられます


■ミニシリーズを活用

カブやダイコン、ニンジンなどを育てるためには、
大きなプランターや鉢を用意しなければいけません。

けれど、育てる品種によっては、
普通サイズのプランターでも十分育てることができます。

近頃ベランダや狭い庭などの限られたスペースで栽培を楽しもうと、
容器栽培をする人が増えたからか、ミニサイズの品種が増えています。

同じダイコンやニンジン、タマネギでも、ミニサイズの品種を選べば、
深さをあまり必要としないので、容器栽培に向いています。


Flower stand A.jpg
フラワースタンド C)アイリスオーヤマ


■レンガやフラワースタンドの利用

秋冬に植物を育てる際、気になるのが霜です。
ベランダ栽培では霜が降りることはまれですが、
代わりに寒風が強く吹き込んだり、
コンクリートの地面から冷え込むということもあります。

プランターや鉢の下にレンガやスタンドを敷くことにより、
地面からの冷えを防ぐことができます。

冬だけでなく、夏場のコンクリートの熱気を、
直接受けることも回避できるのでおすすめです。


aburamusi.jpg
アブラムシは発見したら、すぐに駆除します
 

■害虫対策

春まきの野菜を育てるのと同じく、葉菜類は防虫対策が必要です。
春から晩秋にかけて、様々な害虫が野菜たちを狙ってきます。

涼しくなって気候がよくなってきた頃、
アブラムシなどがどこからともなく現れ、
あっという間にアブラムシに占領されることもあります。

特にアブラナ科の植物は害虫が付きやすいので、
種まきが終わった後に、防虫ネットなどでの対策が必要になります。


itigo20(1).JPG
イチゴは豊の香(とよのか)を育てています。


・カブ 
まき時:9月〜10月上旬 収穫:10月〜12月中旬
収穫したての新鮮なものをサラダにしたり、
シチューなどの煮込みに使ったりと重宝する野菜です。

・サラダナ 
まき時:9月 収穫:11月
冷涼な気候を好む野菜なので、
秋冬に栽培するにはもってこいの野菜です。


syungiku.jpg
・シュンギク 
まき時:9月〜10月上旬 収穫:11月〜12月
冬の鍋には欠かせない野菜です。
生食用の品種もあるので、サラダで楽しむこともできます。

・ダイコン 
まき時:8月下旬〜9月中旬 収穫:11月〜12月
冬野菜の代表格。ミニサイズの大根であれば、
プランターでも簡単に栽培可能です。


takana.jpg
・タカナ 
まき時:9月 収穫:12月〜3月
自家製のタカナで作る漬物は格別です。
株ごと収穫することも、外葉から収穫することもできます。

・タマネギ 
まき時:9月中旬〜10月中旬 収穫:5月中旬〜6月
栽培期間は長いですが、植え付けた後は手間がほとんどかからず、
しっかり美味しいタマネギが収穫できます。

・チンゲンサイ  
まき時:8月下旬〜9月 収穫:10月〜11月
秋冬は葉が柔らかく育つので、さらにおいしさが増します。
虫に好まれるので、対策をしましょう。

・ニンニク 
まき時:9月下旬 収穫:5月下旬〜6月
市販されているニンニクは、天日で乾燥させたものがほとんどです。
ベランダ栽培なら収穫したての生ニンニクの味は格別です!

・ホウレンソウ 
まき時:9月〜10月 収穫:11月〜2月
冬の寒さにあてることで、甘みを増します。
サラダホウレンソウなら、生食も可能です。


mituba20new300xx.jpg
・ミツバ 
まき時:9月中旬〜10月中旬 収穫:11月〜12月
汁物などに色を添えるため、ちょこちょこ使うこともできますし、
たくさん収穫できた時は、良い香りがたくさん詰まった、
お浸しなどで楽しむこともできます。

■参考
メキャベツ・キャベツ・ブロッコリ・カリフラワーなどは、中級者向けですが、
少し気遣えば、じゅうぶん育てられます。
下記をご覧ください。
・秋まき野菜 秋植え野菜の栽培
 カテゴリ
 タグ