Acacia baileyana (5).jpg
街路樹にも利用されるミモザ(ギンヨウアカシア)


ミモザ(ギンヨウアカシア、フサアカシア)は、
3〜4月に、黄色いふわふわとした花をつけることで有名です。

もともと、ミモザというのはオジギソウの学名ですが、
日本では、ミモザと言えば、葉がシルバーグリーンの、
ギンヨウアカシアやフサアカシアを指すのが一般的です。

本来は5メートルを超える大きな木ですが、矮性種などもあります。


ojigiso.jpg
こちらが学名のミモザ=オジギソウです


■ミモザ 鉢植えの育て方

・栽培環境
日当たりの良い場所で育てるようにします。
また、強風に吹かれて枝が折れたり倒れることがあるので、
あまり強い風の当たらない場所を選びましょう。

・植え付け
植え付けの適期は4月〜5月です。
「ミモザ 苗」でネット通販を探すと販売されています。

苗を植え付ける鉢は8号以上の物を選ぶようにします。
倒れにくいように、安定性の良い鉢にすると安心です。

あまり置き場所を動かす予定がないのであれば、
テラコッタ製の重い鉢などがお勧めです。

鉢の底が隠れる程度に鉢底石を敷いておきます。
使う用土は、排水がよければ市販の培養土でも大丈夫です。

配合する場合は、赤玉土と腐葉土を2:1の割合でよく混ぜて使います。
植え付け後は、鉢の底から水が滲むくらいまで、たっぷりと水やりします。

・支柱
小さい苗は、幹も根も細くとても頼りない状態です。
根が浅いので強風に吹かれると根ごと倒れることもあります。

植え付けた後に支柱を立てて、
そこに幹を誘引しておくと転倒を防ぐことができます。


Acacia baileyana (6).jpg
葉の形がオジギソウに似ています(ギンヨウアカシア)


・植え替え
ミモザはどちらかと言えば移植が苦手な植物です。
鉢で育てていると根詰まりを起こしますので、
ていねいに植え替えてあげましょう。

鉢底から根が見えてきたら、植え替えのサインです。
植え替えの適期は、植え付けと同じ4月〜5月です。

古い鉢より、一回りか二回り大きい鉢を用意します。
鉢底石を入れてから、新しい用土を使って植え替えを行います。

植え替えを行う際は、根鉢をくずさず、
そのまま新しい鉢に植え付けるようにします。

・水やり
土の表面が乾いたら、
鉢底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

乾燥には強い植物ですが、夏は気温が高く土が乾きやすいので、
土の表面が乾いていたら必ず与えるようにします。

逆に冬は土が乾きにくく、水の吸い上げも弱いので、
土の表面が乾いて2日〜3日くらい経ってから与えるようにします。

土が湿った状態が続くと、根が傷んで根腐れして、
最悪の場合は、枯れてしまうこともあるので注意します。

・肥料
ミモザはマメ科特有の根瘤菌をもっています。
根瘤菌(こんりゅうきん)を持っているマメ科の植物は、
生長に必要な窒素分を自分で作ることができるので、
肥料をほとんど必要としません。

むしろ、肥料をたくさん与えて生長を促すと、
ひょろひょろと樹高が高くなって倒れたり、
幹が折れやすくなったりします。

1月〜2月、3月〜4月、9月に、
緩効性の固形肥料を控えめに与えると良いでしょう。


Acacia baileyana (2).jpg
花芽を切らないように剪定すると、よく開花します


◎剪定
ミモザは枝葉を放任したまま育てると、樹形が乱れやすい木です。
そのため、株が若い頃に樹形作りをすることが大切です。

・1年目
植え付けをした後に、幹から出ている枝を、
10cm〜20cmほど残して切り詰めます。

・2年目
前年に切り詰めた枝から新たに枝が生えているはずですので、
それも同じように切り詰めてあげます。

・3年目
混みあっている部分などは、間引き剪定をして枝数を減らしておきます。
長くなりすぎた枝、地面につきそうな枝や、
建物に当たったりする枝は短く切り詰めます。

・4年目以降
3年目と同じように間引き剪定と、
長い枝を短く切り詰める作業を繰り返します。

ミモザは生長の早い木ですので、背を高くしたくない場合は、
気に入った高さまで伸びたら、その高さで幹の先端を切ってしまいます。

こうすることで、それ以上幹が高くならず、低く抑えることができます。
ミモザの花は夏頃に翌年の花芽を形成するので、
7月までには、必ず枝の剪定を終わらせておくようにします。 


また、長く伸びた枝をそのまま放置してしまうと、
台風の強風で折れたり、倒れたりしやすくなります。

7月までの剪定が重要な作業ですので、毎年忘れずに行います。


fusaakasia.jpg
3〜4月、ぽんぽんした花が咲くミモザ(フサアカシア)


・増やし方
種で増やすことができます。
花が終わった後、マメ科らしい鞘をつけます。
しっかり熟して茶色くなっているものを収穫します。

鞘から種を取り出し、種皮に傷をつけます。
ミモザの種の皮は固いので、傷をつけるか、ぬるま湯につけて、
皮を柔らかくして発芽率を高めるようにします。

9月〜10月頃に種をまきます。
4号鉢に小粒の赤玉土を入れて、
ミモザの種を置いて1cmほど覆土します。

水を与えて土を湿らせます。
発芽して本葉が出てくるまでは、
あまり乾かないように管理しましょう。

Acacia baileyana (4).jpg
野山で育つミモザ


■病害虫

病害虫には強いですが、
たまに葉を食害する虫がつくことがありますので、
見つけ次第捕殺するようにします。
 カテゴリ
 タグ