Acerola (9).jpg
花がつく短果枝を多く作ると収穫量も増えます


■アセロラの剪定

1. アセロラの剪定時期と方法は?
アセロラの株全体を強く剪定するのであれば、
生育の止まっている11月〜3月が適期です。

今現在がまだアセロラが幼木なのであれば、
まずは主とする枝を3本〜5本決めて、
それ以外の太い枝は切ってしまいます。

その後も太い枝が伸びてきますが、
決めた枝以外は根元から切るようにします。

またひこばえが生えてきた場合も、根元から切ってしまいます。
選んだ主枝は、先端から三分の一くらいのところで切っておきます。

細かい枝が出て混みあっている部分は、
間引き剪定をして枝数を減らしておきます。

こうすることで、再び生育期に入った時に、
株の中心も日当たりが良くなり、生育が良くなります。

◎軽い剪定の場合
枝先を切り返したりするような軽い剪定の場合は、
生育期間中であればいつでも剪定が可能です。

アセロラはとても生育旺盛な植物です。
生育期であっても軽い剪定をしないと、花のつく短果枝が発生しにくく、
結果として花数が少なくなり、実の収穫量も減ってしまいます。

花芽のついている枝が出てきたら、
花芽のついていない枝は先端を切り返します。

実の収穫が終わった後、混みあっている部分の枝を間引き剪定します。
さらに、残った枝の先端も切り返しておきましょう。


Acerola (5).jpg
剪定が良いと、アセロラがたくさん実ってくれます


2. 花芽を増やす剪定方法は?
アセロラは、新しく伸びた枝に花芽をつけます。
特に短い枝に花芽をよくつけるので、
枝の先端を切り返して新しい枝を伸ばした方が、花つきがよくなります。

生育期の間であれば、軽い剪定(先端の切り替えし)は可能です。
花が咲いたけれど結実しなかったと分かってすぐでもいいですし、
結実したアセロラを収穫してからでも構いません。

また、アセロラは日当たりの良い場所で育てることが重要ですが、
株の中心にも光が当たらないと、花つきや着果率が悪くなります。

そのため、混みあっている枝などは間引き剪定をして、
中心にも光が当たるようにすると良いでしょう。

■参考
・アセロラの育て方
・アセロラの植え替え
 カテゴリ
 タグ