Cushion Gypsophila (3).jpg
花の直径は10oくらいで、とても愛らしい雰囲気です


ジプシー ディープローズ(Cushion Gypsophila)、
ナデシコ科カスミソウ属の花が人気です。

お花屋さんには必ず置いてある白のカスミソウの仲間です。

ジプシー ディープローズの花言葉は、
「ありがとう」「切なる願い」「感激」です。

家庭で種から栽培することもでき、
栽培難易度は普通程度で、初心者さんでも育てられます。

小花が咲き誇ると、とてもかわいらしくボリューム感もあります。
ベランダや、花壇、庭を素敵に演出してくれます。


Cushion Gypsophila (2).jpg
そのままでも良い株になりますが摘芯すると、さらにこんもりとします


■ジプシー ディープローズの育て方

カスミソウの一種、淡いピンク色の小花をつける「ジプシー ディープローズ」。
花期は、暖地で5〜7月、寒地ですと6〜9月です。

育て方にもよりますが、草丈は20〜30cmに生長します。
ジプシー ディープローズは一年草ですが、
こぼれ種で翌年も芽をだすことがあります。

・種まき
一般的には、3〜5月の春まきです。
暖かい地域では、9〜10月の秋まきもできます。

種がとても細かいので、薄くバラまきします。
バラまきは、種を指で軽くつまんで指先でひねるようにして、
土の表面にぱらぱらと種をまいていく方法です。

ピートバンを用いても良いですね。

発芽まで種が流れないように霧吹きで水をやり、
発芽して込み合うところは、間引きをしていきます。 


発芽までの目安は5〜10日です。
本葉4〜5枚あたりで小鉢やポットに植え替え、
乾き気味に管理します。


Cushion Gypsophila (1).jpg
サカタのタネさんで種を購入できます


・植え付け
ジプシー ディープローズは、寒さには強いのですが、
夏の暑さは苦手なので風通しのよい場所を選びます。
また日当たり、水はけのよいところを好みます。

植え付けの2週間前に、植え付け場所に、
堆肥、化成肥料、腐葉土、苦土石灰を施し、
よく耕しておきます。

けっこう大株になりますので、株間約30cmで植えつけます。
狭すぎると、生長を妨げますので注意します。 


やや浅植えにすると過湿による立ち枯れを防ぐことができます。
秋の植えつけは10月までに済ませます。

・水やり
苗を植え付けるときには、植え付け時にたっぷりと水を与え、
その後はやや乾燥気味に管理します。
花が咲くまでは乾燥しないように注意しましょう。

◎鉢植えの場合
鉢は大きめのものを選び、用土は市販の培養土、
赤玉土7割、腐葉土3割と元肥など自作の用土でもかまいません。
日光がよく当たる風通しと水はけの良い場所を好みます。

ある程度育ってきたら摘芯(ピンチ)してあげると、
草丈が低くボリュームのある良い形の株になります。 


・肥料
化成肥料は控えめにします。
完熟堆肥や腐葉土を多くして水はけをよくします。

・増やし方
種まきで増やします。


■病害虫
チッ素分が多い場合や、通気性が悪い場合、
蒸れ、水はけが悪く加湿になると立ち枯れの恐れがあります。

春の気温上昇とともにアブラムシが発生しやすくなります。
また、高温乾燥によるハダニにも注意してください。

ひらめきグッド(上向き矢印)ジプシー ディープローズ栽培アドバイス!
1.日当りのよい、水はけの良い土に植えましょう。
2.化成肥料は控えめにし、有機質の完熟堆肥や腐葉土がお勧めです。
3.アブラムシがつきやすいので、定期的にオルトランをまくなどして除去します。
4.生育に応じて摘心を繰り返し枝数を増やしてこんもりと仕立てましょう
5.通気性、加湿に注意し立ち枯れを防ぎましょう